恋愛と言えば 恋愛診断・恋愛占い ハニホー!

トップ(恋愛法一覧)に戻る
第3編 付き合い中
第10章 浮気
恋愛法 第108条 浮気発覚後
浮気発覚後もお互いに付き合っていく意思があるときには、浮気した側はこれを謝罪しなければならない。浮気された側は、しばらく感情が落ち着くまで責めたり距離を置くことが許されるが、浮気から半年が経過するまでに許し、その後は責めてはならない。通常のカップルと同様に、お互いの幸せを願い、協力と信頼の関係に戻らなければならない。また、相手に「浮気した後も付き合っていく意思」があるにもかかわらず、そのような人が浮気したという事実を、浮気された側の人も重く受け止めなければならない。そして、浮気された側の人も、これまでの経緯を振り返り、関係性や自分の態度などを見直さなければならない。また浮気した側は、浮気された側が求める場合、その経緯や気持ちを説明し、納得を得なければならない。
一覧に戻る
前の条文次の条文
このページを誰かに教える(シェア)
以下のような文言を共有します
(投稿前に編集できます)
send to Twitter send to Facebook send to Mixi send to Google Plus other
 
新着をすぐお知らせ
【よく当たる!診断/恋愛占い/結婚占い/相性占い】
まずはコチラ(迷ったら・悩んだら)相性占い好きな人・片思い・アプローチ・相手の気持ち彼氏・彼女恋愛占い(恋愛傾向)結婚占い結婚の相性占いモテ占い婚期・結婚適齢期不倫・不倫占い浮気・浮気占いお似合いの人
【恋愛指南や相談】
恋愛の学校片思い・好きな人・アプローチ・相手の気持ち相性不倫浮気復縁
【恋愛まとめ】
恋愛のまとめ
※性格診断、心理テスト、占いは無料です。
株式会社番長